行政書士 資格

行政書士資格の生かし方・使い方

スポンサーリンク

資格の生かし方や使い方で行政書士の未来が決まります

 

行政書士の仕事は、法律の専門職の中では「浅く広い」仕事だと言われています。

 

それは、業務の範囲が弁護士・司法書士・税理士・弁理士・社労士などの独占業務以外の業務しか行えないからです。

 

より高度な業務についてはそれらの士業が行い、そこまで高度でない業務については行政書士が行う、というイメージでしょうか。

 

 

しかし、他の士業の独占業務以外の業務でも、深く行おうと思えば行える業務はたくさんあります。

 

単なる書類作成・手続の代行にとどまらず、その分野について徹底的に勉強し、コンサルタントを行うという方法もあります。

 

 

また、他の事業を行う際に、行政書士という肩書きがあれば、ない場合よりは信用が高まることでしょう。

 

信用はビジネスを行うにあたって大事なものです。行政書士であれば、その信用についてアドバンテージが得られるのです。

 

 

行政書士という資格は専門性が薄いがゆえに、より専門性を深めればますます信用が高まります。

 

また、専門性の薄さを逆手に取って、他の事業と組み合わせることによって、新たな可能性が生まれるのです。

 

 

行政書士の仕事を、書類を作成するだけ、役所に提出するだけと考えていては、その資格を生かすことはなかなか難しいことでしょう。

 

「この資格を取れば安泰」という資格ではありません。ビジネスチャンスが大きく広がる資格、と考えて下さい。

 

 

そう考えると、行政書士の資格は就職向きというよりは独立向けの資格です。

 

起業家にとっては持っておきたい資格となってくることでしょう。

 

 

決して司法試験や司法書士試験ほど難関な試験ではありません。

 

それでいて、「士業」と言われる専門職の資格が取れるのです。

 

 

もちろん、昔ほど簡単な資格ではなくなりました。

 

半年から1年ぐらいはしっかり勉強しないと受かりませんが、受験資格もありませんし、仮に不合格でも何回でも受験することができます。

 

ですから、チャレンジする価値は十分にあると思います。

スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ