行政書士試験について

行政書士試験の仕組み

行政書士試験の仕組み記事一覧

【2014年】行政書士試験日はいつなの?【平成26年】

行政書士試験日・日程 行政書士試験は、毎年11月の第2日曜日に実施されます。平成26年度(2014年度)なら、11月9日に行われることになりますね。行政書士試験を受ける人は、誰もがこの日に受けます。自分だけ1ヶ月後に受けるとか、そういうことはできません。ということは、この日までに合格ラインをクリアできるだけの実力がつくよ...

≫続きを読む

 

行政書士の受験資格を知る。中卒・高卒は?

行政書士の受験資格に、制限はありません。中卒、高卒関係なし。まさに「誰でも」受験できるのです。これは実に公平な試験制度ですね。合格点を取ったかどうかだけで勝負が決まるのです。合格点を取れれば、誰でも行政書士になれるのです。ですから、「行政書士になりたい!」と思い立ったら、すぐにでもチャレンジして下さ...

≫続きを読む

 

行政書士の試験科目を知る。なぜこの科目が出題されるの?

行政書士試験科目 行政書士の試験科目は、大きく2つの分野に分かれます。まず、法令科目として、憲法行政法民法商法基礎法学が出題されます。また、一般知識として、政治・経済・社会情報通信個人情報保護文章理解から出題されます。ところで、なぜこれらの科目が行政書士試験に出題されるのでしょうか?それは、これらの科目が行政書士の業...

≫続きを読む

 

行政書士試験の配点は?科目・記述式の比率を知って対策を。

行政書士試験の配点を知ることが、合格への第一歩です。配点を知って初めて、合格戦略が立てられるのです。まず試験は、300点満点です。そしてそのうちの6割、すなわち180点以上得点すれば、合格となります。ただ、法令科目だけで122点以上、そして一般知識で24点以上得点しなければ、合計点で180点以上あっ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ