大原の行政書士講座

資格の大原

資格の大原記事一覧

歴史ある資格の大原。行政書士対策もしっかりしてます。

資格の大原・行政書士講座 「資格の大原」は、かなり伝統ある予備校です。最初に開講したのが何と1957年。60年近く運営されているんですね。最初は簿記の予備校として開講したのですが、次第に他の講座の開講され、今ではかなりの資格試験に対応しています。もちろん行政書士対策の講座もあります。最近の傾向にもしっかり対応すべく、講座のパ...

≫続きを読む

 

大原の入門完全合格コースで行政書士初学者も大丈夫。

大原行政書士入門完全合格コース 大原が行政書士初学者向けとして用意している、「入門完全合格コース」。全78回の講義や演習で、初学者を合格レベルまでもっていきます。このコースは「完全合格コース」に入門編の講義3回が加わったコースとなっています。講義は、入門編の3回の講義のほか、全部で58回の基本講義が実施されます。平行して、復習テス...

≫続きを読む

 

大原の「速修合格コース」。結構ハードかも。

大原行政書士速修合格コース 大原が用意している、「速修合格コース」。速修といっても、講義・演習が全部で70回もあります。これは、「完全合格コース」に比べて5回少ないだけ。始まる時期が遅いだけで、内容は完全合格コースとほとんど変わりませんね。やはり行政書士試験に合格するには、これだけの勉強をこなすことが必要、ということなのでしょ...

≫続きを読む

 

「上級合格コース」はレベルが上がった行政書士試験に対応

大原行政書士上級合格コース やっぱり難しくなってるんですよ、行政書士試験。大原では「上級合格コース」として、主に受験経験者を対象に、レベルの高い講義を提供しています。このコースは、講義内容が他のコースとは違います。「上級」講義が全部で57回。内訳は、上級生オリエンテーション(1回)、基礎法学・憲法(6回)、民法総則・物権(11...

≫続きを読む

 

大原の弱点補強コースやコンパクトコースで頑張る。

大原行政書士弱点補強・コンパクトコース 大原の行政書士講座は、受講生の様々なニーズに応えるべく、「弱点補強コース」や「コンパクトコース」なども存在します。「弱点補強コース」は、各科目で弱点を抱えている場合、その科目の講義をピンポイントでじっくり受講できる講座です。用意されているのは、行政法(全31回)、商法・会社法(全23回)、一般知識(...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ